Get access to our best features

南洋群島引き揚げの記憶を次世代に 戦後生まれの遺族らが「継承する会」発足 帰還者会の活動継承

Summary by 琉球新報
太平洋戦争時に戦場となった南洋群島からの県出身引き揚げ者でつくる「南洋群島帰還者会」の活動を継承しようと、戦後生まれの遺族らがこのほど、「旧南洋群島帰還者会を継承する会」を発足した。会の発足を呼...
Published 2 months ago · China

News Articles

More Filters
All
Left
Center
Right

南洋群島引き揚げの記憶を次世代に 戦後生まれの遺族らが「継承する会」発足 帰還者会の活動継承

太平洋戦争時に戦場となった南洋群島からの県出身引き揚げ者でつくる「南洋群島帰還者会」の活動を継承しようと、戦後生まれの遺族らがこのほど、「旧南洋群島帰還者会を継承する会」を発足した。会の発足を呼...

2 months ago
Read Full Article

日本における統一教会危機:信教の自由に対する三つの敵

日本は数世紀にわたって信教の自由を攻撃してきた勢力と、それを擁護する勢力とが争う主戦場になりつつある。マッシモ・イントロヴィニエ*2022年11月12日に清平で行われた「希望前進カンファレンス」に提出された論文Read the original article in English.「希望前進カンファレンス」でスピーチするマッシモ・イントロヴィニエ1965年、フランスの哲学者ポール・リクールは現代の西欧世界において宗教に対する広範な敵対感情を引き起こした3名の「疑心の達人」による破壊的な影響に関する本を書いた。それは共産主義の創始者カール・マルクス、精神分析学の創始者ジークムント・フロイト、ドイツの哲学者フリードリヒ・ニーチェのことである。マルクスにとって、宗教は「民衆のアヘン」であり、この世ではなくあの世における報酬を約束し、さらに金持ちは地獄に落ちるかもしれないと暗示することによって、貧しい人々を黙らせて革命を防止するための麻薬であった。 そして、貧富の差を取り除くことによって、共…

2 months ago
Read Full Article

Similar News Topics

Show All
Think freely.Subscribe and get full access to Ground NewsSubscriptions start at $9.99/yearSubscribe

Bias Distribution

No sources with tracked biases.
See less detail